学校薬剤師の求人特集

TOP >> 地域別の求人事情 >> 札幌の学校薬剤師募集情報

札幌の学校薬剤師募集情報

札幌市のホームページでは、学校薬剤師を募集しています。学校薬剤師は正規職員と臨時、非常勤となっており、職種はその他の医療技術職に分類されます。正規職員の場合、薬剤師資格を持っているのが前提となっており、受付期間と試験日程が決まっているので、注意しましょう。札幌市で正職員として合格したのは、平成25年は13名となっており、そこまで狭き門というわけではありません。臨時と非常勤の場合には、学校薬剤師とは別の仕事をします。非常勤の場合、調剤業務や薬品供給業務などを行い、月曜日から金曜日まで週に29時間働きます。募集人数は若干名となっているので、気になる人は早めに応募すると良いでしょう。任用開始は随時で1年ごとに更新されます。月給は、203,490円となっています。社会保険、厚生年金、雇用保険も完備されています。

薬剤師の臨時職員の場合、市立札幌病院で調剤業務や薬品供給業務を行ないます。月曜日から金曜日まで働き、原則8時45分から17時15分となっています。募集人数はこれも若干名になっているので、早めの応募がおすすめです。任用期間は随時で、任用期間は6ヶ月、6ヶ月ごとに更新され、最長1年となっています。日給制になっており、8,980円与えられます。社会保険、厚生年金、雇用保険もしっかり完備されているのが、嬉しいポイントです。

ただ、臨時と非常勤の場合、学校薬剤師とは違う仕事になるので、注意しましょう。また、学校薬剤師の場合、年齢制限があるということも見逃してはいけません。受験申込書は、市立札幌病院総務課の2階で配布されている冊子版の試験案内を直接入手するか、ダウンロード、もしくは郵送によって請求するようにしましょう。年齢制限にひっかかることなく、薬剤師の資格を持っており、学校薬剤師に興味がある人であれば、受験だけでもしてみる価値はあるでしょう。

札幌市での学校薬剤師の場合には、試験は一次試験と二次試験があるので、しっかり対策を取っておきましょう。一次試験合格者には、二次試験の関係書類が届きます。ただし、不採用の場合には通知がないので、注意しましょう。合格者の発表は、インターネット上で見ることができます。札幌市では、他にも様々な職業を募集しています。学校薬剤師の求人ももちろんそのサイトで見ることができるので、時期を見逃さないように、なるべくこまめにサイトをチェックするようにしましょう。就職や転職はタイミングも大切です。

>>【学校薬剤師求人ランキング】詳細をTOPページでCHECK!


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 学校薬剤師の求人特集【※学校薬剤師への近道】 All Rights Reserved.