学校薬剤師の求人特集

TOP >> ここはおさえよう >> 学校薬剤師会とは

学校薬剤師会とは

学校薬剤師会とは、各学校に配置されている学校薬剤師の所属する団体の総称です。現在では、全国の大学を除く幼稚園、小・中学校、高等学校には「学校医薬剤師」が配置されていますが、このようになるまでには、いろいろな経緯がありました。

学校薬剤師の配置の歴史を見てみると、明治5年に学制が公布され、学校における伝染病の予防や学校の設備の衛生、児童生徒の健康管理や身体検査に関することなどが定められました。それにともない、学校医や学校歯科医による「学校衛生」の基礎が確立されました。

当時の学校にも、救急薬品や理科用の薬品などが保管されていましたが、その管理は十分といえるものではありませんでした。そんな中、昭和初期には痛ましい事故が起こりました。保健室内で消毒薬をビンに移し替えたのを知らずに、ほかの教師が胃腸薬と誤って児童に飲ませ、死亡させてしまうものでした。この事故をきっかけにして、学校における医薬品などの管理を指導、徹底するために「学校薬剤師」の必要性がささやかれました。

各都道府県では独自の判断により、それぞれに学校薬剤師を配置しましたが、その当時すでに組織立っていた「日本薬剤師会」は、学校薬剤師の重要性を訴え、制度化を目指して昭和6年に政府に対し請願書を提出しました。昭和29年に「学校薬剤師法」が、続いて昭和33年には「学校保健法」が法制化され、学校薬剤師の必置制が法制化し、学校薬剤師の身分と職務が確立されました。時期を前後して、昭和10年には東京市学校薬剤師会(現在の東京都区部に相当)が、会員数200人で設立されました。その後、各県にそれぞれの「学校薬剤師会」が発足していきました。

各都道府県にある学校薬剤師会が所属する「日本学校薬剤師会」は、平成24年4月1日に日本薬剤師会と一体となり、公益社団法人日本薬剤師会学校薬剤師部会となりました。名称は変わりましたが、以前と変わらずに学校薬剤師の普及と重要性を広める活動、また薬剤師に対する啓蒙活動をしています。

日本学校薬剤師会では、学校における学校薬剤師の役割や業務内容などの必要性を説くとともに、定期的に保健衛生に関した資料や情報、教材の提供をおこなったり、研修会や全国大会などを開催したりし、学校薬剤師の意識の統一と更なる質の向上を図る活動をしています。児童や生徒を取り巻く生活環境や教育現場は、日々刻々と変化しています。時代は変わっても、子ども達がより良い環境の下で安心して学校生活が送れるように、時世に対応した教育もしています。

>>【学校薬剤師求人ランキング】詳細をTOPページでCHECK!


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 学校薬剤師の求人特集【※学校薬剤師への近道】 All Rights Reserved.