学校薬剤師の求人特集

TOP >> ここはおさえよう >> 小学校の学校薬剤師募集情報

小学校の学校薬剤師募集情報

小学校にも1名、学校薬剤師を置くということが決められています。小学校の学校薬剤師の仕事は月に1度くらいしかなく、常に学校にいるというわけではありません。ただ緊急で呼ばれたりする場合もあるので、調剤薬局やドラッグストアの薬剤師を本職としていて、副職で学校薬剤師をやるという場合には、勤務先の理解が必要です。小学校の学校薬剤師は先述したように1名となっています。1年ごとの契約となっており、給与は1年で数万円程となっています。求人数はあまり多い方ではないので、自分で探して小学校の学校薬剤師になりたいけど、なれない場合がほとんどでしょう。

そのような場合には、薬剤師専門の転職エージェントに登録することをおすすめします。小学校の学校薬剤師は、その市町村の教育委員会が薬剤師会に登録している人の中から任命する仕組みになっているので、転職エージェントに直接求人が載るということは、例外を除いて滅多にありません。それではどうしたら良いのかというと、エージェントを利用することによって、様々なサポートを受け、まずは相談してみることが大切です。学校薬剤師の中でも特に小学校で働きたいという場合には、その旨を伝えるようにしましょう。そうすると、転職エージェントは、過去に小学校に学校薬剤師を派遣したことのある理解のある職場を紹介してくれる場合もあります。そこで勤務すれば、将来的に自分にも小学校の学校薬剤師になれるかもしれません。

先述したように、小学校の学校薬剤師の数は1つの学校につき1名となっているので、非常に狭き門になっており、年功序列ではないですが、経験数の豊富な人の方が選ばれやすくなっています。したがって、薬剤師の学校を卒業してすぐに小学校の学校薬剤師になるというのは難しいでしょう。また近年問題になっている少子化によって、小学校も合併されることが多くなり、小学校の数が少なくなっている傾向になっています。こうした背景からも小学校の学校薬剤師になるには、いくつかハードルがあります。

ただ、その地域によっては、小学校の学校薬剤師をホームページなどで広く募集しているところもあります。また欠員が出た場合にもホームページに載る場合もあるので、地域のホームページはできるだけ頻繁に見るようにしましょう。転職はタイミングも大切です。せっかくあるチャンスをみすみす見逃さないように注意しましょう。転職エージェントにも好条件の求人があれば、すぐに連絡をもらうようにすると良いでしょう。

>>【学校薬剤師求人ランキング】詳細をTOPページでCHECK!


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 学校薬剤師の求人特集【※学校薬剤師への近道】 All Rights Reserved.