学校薬剤師の求人特集

TOP >> ここはおさえよう >> 高校の学校薬剤師募集情報

高校の学校薬剤師募集情報

どの高校にも学校薬剤師は1名配属されています。特に高校生頃になると、薬物に手を染めてしまう人も増えてきます。そこで薬物乱用防止のため、学校薬剤師が中心となって、薬物使用の恐ろしさをビデオを見たり、公演を行なったりして、生徒に伝えるというのも学校薬剤師の仕事の一つです。他にもプールの衛生を保つことや、机と椅子が生徒に合っているかどうか、ねずみや害虫が出ていないかどうか、教室内に騒音がないかどうか、教室内の空気はきれいかどうかなどもチェックしていきます。学校によっては、机の上の明るさを調べるために、機械を置いて調べ、明るさが足りないようであれば、照明の明かりをもう少し明るくするなど工夫をしています。

このように、高校の学校薬剤師の仕事は多岐にわたるので、是非なってみたいという人もいるでしょう。第一に必要になってくるのは、薬剤師の資格です。次に薬剤師の中でもその地域にある薬剤師会に登録しておかなくてはなれません。その薬剤師会に登録してある人の中からその地域の教育委員会が選任していきます。そこで選ばれなかったら仕方がないですが、やるべきことはきちんとやるようにしましょう。また、給与も気になるところです。高校の学校薬剤師の場合、あまり出勤することもなく月に1回程度になるので、年額では7万円から15万円程の給与になります。それだけでは生活していけないので、調剤薬局やドラッグストアで薬剤師として働きつつ、高校の学校薬剤師になっているという人がほとんどです。

高校の学校薬剤師になるには、薬剤師専門の転職エージェントに登録することがおすすめです。エージェントには、薬剤師の転職を何回も手がけてきたプロであるキャリアコンサルタントがいるので、そこで相談をすれば、高校の学校薬剤師になるための道筋が見えてくるかもしれません。一人で悩んでいても、何も始まりません。行動を起こすことによって、人生の道も開けてくるものです。登録はたったの20秒から1分程で終わるので、転職を本気で考えていない人であっても、登録だけでもしておくと良いかもしれません。

エージェントに登録すると、過去に高校の学校薬剤師を派遣したことのある職場を紹介してくれる可能性もあります。そういった職場は、学校薬剤師に理解があるため、比較的学校薬剤師になりやすいのです。今自分が働いている職場は学校薬剤師に対して理解がありますか?ない場合には、転職も視野に入れると良いかもしれません。高校の学校薬剤師には、ハードルがいくつかありますが、就くことができれば、それだけ魅力のある仕事です。

>>【学校薬剤師求人ランキング】詳細をTOPページでCHECK!


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 学校薬剤師の求人特集【※学校薬剤師への近道】 All Rights Reserved.