学校薬剤師の求人特集

TOP >> ここはおさえよう >> 学校薬剤師の歴史

学校薬剤師の歴史

薬剤師の中には、「学校薬剤師」といわれる職があります。学校薬剤師が配置されるまでには、さまざまな経緯や歴史があります。

明治5年に学制が発布されましたが、その中には、学校における伝染病の予防、学校設備の衛生、児童生徒の健康管理や身体検査に関することが定められました。そして、学校医、学校歯科医による学校衛生が確立されました。日本で初めての学校薬剤師は、大正14年、東京府北足立郡(現・東京都足立区)で、学校長の委託という形で採用されたといわれています。

学校には理科実験用の薬品をはじめ、保健室には救急薬品などが保管・管理されていますが、以前はその保管状態が適切であるとはいえるものではありませんでした。昭和の初めにある学校の保健室で、消毒薬を瓶に移し替えたのを知らずに、胃腸薬と誤って児童に飲ませてしまい、死亡させてしまう事故が起こりました。たくさんの児童や生徒を預かる学校で起こった事故は、教育界を震撼させました。この事故を機に、学校でも医薬品の管理を指導できる、専門の学校薬剤師の必要性がささやかれました。昭和5年、東京市麹町区で学校薬剤師が任命され、その後、学校薬剤師の存在が全国に広がっていきました。

昭和22年、学校教育法が教育基本法と共に制定され、「学校の環境の整備」という文言が記され、学校の環境衛生に関する整備に法の取り決めがなされました。昭和33年学校保健法(2009年4月から「学校保健安全法」に改正)が制度化、第16条第3条学校医、学校歯科医および学校薬剤師の2項には、「児童生徒の健康や健康的な学校環境の維持のために、全ての学校に学校医を、または大学以外の学校に学校歯科医および学校薬剤師を置く」と定められ、学校薬剤師の必置制が実現されました。そして、全ての幼稚園・小・中・高等学校には、非常勤職員として学校薬剤師が配置されたのです。職務は、学校の環境衛生の管理を主な役割としています。学校薬剤師の身分や職務が確立、保証されたのです。

学校薬剤師が配置された当初は、学校の環境衛生と校内の医薬品の管理が主な職務でしたが、現在では、プールの水質管理や空気の管理、ごみの処理、トイレ衛生管理、ネズミや害虫駆除などにとどまらず、机やいすの整備、薬物乱用防止の指導、教室の明るさに至るまで、児童生徒を取り巻く環境衛生の管理など幅広くおこなうようになっています。

学校薬剤師は、学校における保健管理に関する専門的事項に関して、医薬品、毒物劇物や保健管理に関する必要な用具および材料の管理に関して、技術及び指導に従事することが定められています。また、学校薬剤師は、薬剤師の資格を有した者に限られ、通常は非常勤職員として配置されています。

>>【学校薬剤師求人ランキング】詳細をTOPページでCHECK!


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 学校薬剤師の求人特集【※学校薬剤師への近道】 All Rights Reserved.