学校薬剤師の求人特集

TOP >> ここはおさえよう >> 学校薬剤師になるには

学校薬剤師になるには

学校薬剤師という仕事は、薬剤師の仕事の中でも人気のある職業です。ではどうすれば学校薬剤師になれるのかというと、まず必ず必要となってくるのが、薬剤師の資格です。次に必要になるのは、市町村の薬剤師会の正会員になるということです。なぜ市町村の薬剤師会の正会員にならなくてはいけないのかというと、公立学校は市町村の教育委員会などが学校薬剤師の募集を薬剤師会に委任するからです。薬剤師会は、その会員の中から希望者を募り、1年ごとの契約で学校薬剤師として働くことができます。また、市町村の薬剤師会の会員になれるのは、薬局の開設者または薬剤師など1名限りとなっているので、注意しましょう。

学校薬剤師は、薬局やドラッグストアで働きながら副業として働く人も少なくありません。しかし、その場合、勤務先の理解を得られなくてはいけないので、なかなか副業として働くというのは難しい場合もあります。このように、学校薬剤師は薬剤師の資格があれば誰でもなることは可能ですが、いくつかハードルがあるということが分かります。しかし、学校薬剤師の仕事は魅力的なものにもなるので、諦めないで、具体的にはどうしたらなることができるのか、考えてみましょう。

まず、薬剤師の資格が必要なので、大学の薬学部で6年間学ぶ必要があります。そして国家試験に合格すれば、薬剤師になることができます。次にいきなり学校薬剤師になるのは難しいので、調剤薬局やドラッグストア、病院や製薬会社に就職します。ただ、学校薬剤師に就きたいのであれば、過去に学校薬剤師を派遣したことのある実績のある薬局に就職することをおすすめします。これが、学校薬剤師になる一番の近道です。そこで社会人として薬剤師としての経験を積み、募集があったら応募するという方法が一般的です。

また、他にも薬剤師専門の転職エージェントを利用するということも選択肢の一つです。学校薬剤師への転職はややハードルが高いものになりますが、転職エージェントを利用することによって様々なサポートをしてもらうことができるので、まずは相談してみましょう。相談はもちろん無料になっているので、気軽に利用できます。学校薬剤師自体の求人数はあまり多いものではないので、募集があったらすぐに連絡してもらうように、自分専任のキャリアコンサルタントに頼んでおきましょう。今すぐに学校薬剤師になるのは、難しくなりますが、登録してしばらくすれば、学校薬剤師の求人も見つけてもらうこともできるかもしれません。

>>【学校薬剤師求人ランキング】詳細をTOPページでCHECK!


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 学校薬剤師の求人特集【※学校薬剤師への近道】 All Rights Reserved.