学校薬剤師の求人特集

TOP >> ここはおさえよう >> 幼稚園の学校薬剤師募集情報

幼稚園の学校薬剤師募集情報

幼稚園で学校薬剤師として働いてみたいという人も多いでしょう。ただ、幼稚園で学校薬剤師として働く場合、幼稚園には1名しか学校薬剤師を置かないので、それだけ倍率も高くなり、なかなか求人を探すのが難しくなります。また、公立の幼稚園の学校薬剤師の場合、各々の市町村における教育委員会が地元の薬剤師会に登録している人の中から選出するという特徴もあります。したがって、学校薬剤師になりたいのであれば、まずは市町村の薬剤師会の正会員になる必要があるのです。また、幼稚園の学校薬剤師になる場合、副職として働きたいのであれば、勤務先の調剤薬局やドラッグストアにその事情を分かってもらわなくてはいけません。

このように幼稚園の学校薬剤師になるには、ハードルがいくつかあり、若い間になるというのは非常に難しい問題です。そこでおすすめなのが、薬剤師専門の転職エージェントに登録することです。薬剤師専門の転職エージェントで幼稚園の学校薬剤師の仕事を探すのは難しいかもしれませんが、過去に幼稚園の学校薬剤師を実際に派遣したことのある理解のある職場を紹介してもらうことはできます。まずは薬剤師としてそういった勤務先で働き、チャンスがあれば、幼稚園の学校看護師になるというのが一番の近道です。

また、幼稚園の学校薬剤師として働く場合、気になるのが給与です。給与は、その幼稚園が公立なのか私立なのかによって異なってきます。公立の幼稚園の学校薬剤師の場合、地方公務員特別職になるので、各地方自治体が定めた給与をもらうようになります。そのため各々の地方自治体によって給与は異なりますが、大体が年間に数万円となっています。年に数万円では生活することができないので、調剤薬局やドラッグストアを本職として、学校薬剤師は副職としている人も多いです。

幼稚園での学校薬剤師はどのような役割を担っているのかというと、園内の衛生環境の調査や園児と職員の健康管理にまで気を配ります。仕事は多岐にわたり、幼稚園に何度も足を運ぶことも多いことから、できるだけ自宅と職場、そして勤務する幼稚園は近くにあった方が良いでしょう。場合によっては幼稚園から緊急で連絡が入り、すぐに駆けつけなければいけないこともあり、給与との兼ね合いを考えると、あまり割に合わないと考える人もいます。しかし、幼稚園の学校薬剤師は、それだけやりがいのある仕事でもあります。薬剤師として教育現場に貢献したいと思っている人にはうってつけの仕事です。

>>【学校薬剤師求人ランキング】詳細をTOPページでCHECK!


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 学校薬剤師の求人特集【※学校薬剤師への近道】 All Rights Reserved.