学校薬剤師の求人特集

TOP >> ここはおさえよう >> 学校薬剤師の意義とは

学校薬剤師の意義とは

学校薬剤師は、学校保健安全法で定められ、諸外国に先駆けて1930年(昭和5年)に導入された、日本独自の制度です。「学校」というものの、全国にある大学以外の幼稚園、小中学校、高等学校に「学校薬剤師」は配置されていますが、学校薬剤師の存在意義や役割には、どのようなものがあるのでしょうか。

毎日子ども達の使う水道水や、プールの水質管理と検査、食中毒に関係する衛生管理、最近増加の一途をたどっているアレルギーに関する項目、また、飲酒や喫煙、薬物乱用防止などに関する啓蒙活動など、学校薬剤師の果たす役割は多岐にわたっていますし、子ども達が安全で健康な学校生活を送れるように、サポートしなければなりません。学校に薬剤師が存在することで、専門性の高い知識を活かし、教育現場の環境を見直すことが可能になってきます。

近年、児童や生徒を取り巻く生活スタイルや環境は、急激な変化を遂げています。また、生活習慣の乱れやアレルギー反応など、心身の健康についてもさまざまな問題が起き、より深刻化しています。そのために、学校薬剤師には、より幅広い知識や対応力が求められています。薬物乱用の若年化が問題視される中、学習指導要領にも薬の適正な使い方を指導する目的で、「医薬品の正しい使用法」が盛り込まれ、中学校では「くすり教育」も始まりました。薬剤師だからこその、専門的知識や経験を踏まえた指導ができるのです。子ども達が自分の健康とともに、健康に必要なものを意識し、正しく判断できるように指導していくためにも、学校薬剤師の意義や役割は大きいといえるでしょう。

学校薬剤師は、養護教諭と連携を図ることにより、さらに一歩進んだ活動もできるようになりますし、より子ども達のためになる指導も可能になってきます。流行病発症予防、そして、衛生管理や薬物乱用防止指導などは、薬学を学んだ薬剤師ならではの視点からできる指導の1つです。また、発達段階に応じた指導や授業での助言には、学校薬剤師だからこそ成し得るものもあります。

さらに、学校薬剤師の果たす役割は、年々重くなっています。薬学6年生の薬剤師が誕生していますが、それにともない、薬剤師に対する期待もさらに高まっているからです。学校は、教職員や児童・生徒のほか、PTAや地域とも深くかかわっています。学校薬剤師には、「地域で活躍する薬剤師」も求められています。地域保健指導も、学校教育の一環として考えられるようになってきていますが、それをおこなうものとして、学校薬剤師は欠かせない存在になっているのです。

健康に関する教育は学生時代だけに終わらず、生涯子ども達の役に立ちますし、生活に直結した問題であることが多くあります。学校薬剤師がおこなう教育が、健康生活の基盤を成すものと考えると、学校薬剤師の果たす役割、そして指導の意義は計りしれません。

>>【学校薬剤師求人ランキング】詳細をTOPページでCHECK!


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 学校薬剤師の求人特集【※学校薬剤師への近道】 All Rights Reserved.